百十四銀行の目的別ローン

結婚や子どもの教育など、多額の資金が必要となるライフイベントでは、ローンを利用すると効果的です。借金というと悪いイメージを持つ人もいますが、必要資金を全て貯蓄で賄おうとすると、大幅に貯蓄を切り崩すことになりかねず、その後の家計のやりくりにリスクが生じてしまいます。ローンならば借りた資金を分割で返済することができ、一定の貯蓄を維持していくことができます。

細分化するローンの用途に合わせて、百十四銀行は様々な目的別ローンを取扱っています。オススメは114教育ローンです。入学金や授業料に充てる資金を500万円まで借りることができます。教育資金に必要な金額として必ずしも多いとは言えませんが、非正規雇用でも申し込み手続きができるため、社会人学生からの人気が高いという特徴があります。百十四銀行は四国地方の複数の学校と提携しており、それぞれの学校専用の教育ローンを利用することもできます。

マイカーローンや教育ローンなどの商品とは用途がかみ合わない場合、フリーローンを利用するとよいでしょう。用途自由のローンで、ちょっと高い買い物の購入費用や冠婚葬祭に利用する人が多いです。似た商品のカードローンと違って一括借入で返済方法も異なり、随時返済やATMからの返済ができませんが、予定よりも借入が増えたり返済延滞してしまうリスクが低いというメリットがあります。

しかしこれらのローンは事業資金には使えません。事業資金とは起業や経営に必要な、設備投資や広告宣伝などの費用のことです。銀行系ローンや消費者金融など金融機関に関係なく、個人向けローンは事業資金に使うことができません。百十四銀行の法人向け商品に、経営者向けローンや定期預金があります。個人向け商品に比べると審査や条件が厳しい反面、様々な事業に合わせたサービスを受けることができます。